『金フレ』or『銀フレ』?

ご覧いただき、ありがとうございます。
マンツーマンTOEIC対策のリノキア英語スクールです。

TOEIC対策にテキストは必須です。とりわけ単語集に至っては、ほとんどの学習者が何かしら使っていると思います。

TOEICの単語集を選ぶとき、まず多くの方が手に取るのが『金フレ』でしょう。これは間違いないと思います。

うちのスクールにカウンセリングにいらっしゃる方でも、9割以上が『金フレ』を持っている印象です。

そのくらい言わずと知れた単語集なのですが、必ずしも万人に適しているとは限りません。

むしろその姉妹編である『銀フレ』を使ったほうがいいという方も多くいらっしゃるのです。しかしながら、そのことを知っている人は意外と少ない……。

そこで今回のコラムでは、『金フレ』と『銀フレ』それぞれどんな人が使うべきかについて書いていこうと思います。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

『金フレ』を使うべき人

『金フレ』を使っていく際のポイントは2つです。

1.すでにTOEIC500点以上が取れている人
2.目標スコアが700点以上の人

たぶん『金フレ』は日本で一番売れているTOEIC用単語集だと思いますが、そこまで易しくはありません。

だから最低でもTOEIC500点が取れるくらいのベースがないと、知らない単語だらけで挫折してしまう可能性が高いです。

それから『金フレ』は後半に進むにつれて難易度が上がっていきます。

とくに「860点レベル」以降は、相当な難しさです。

もし目標がTOEIC600点くらいであるのなら、『金フレ』を1冊すべてやるのはオーバーワークです。『銀フレ』のほうを使いましょう。

『金フレ』は、TOEIC700~800点を目指すくらいでやっと適正といったところでしょうか。だから『金フレ』は意外とレベルが高い単語集なのです。

他サイトで『金フレ』についてまとめている記事があったので、以下に紹介させていただきます。

『銀フレ』を使うべき人

『銀フレ』は、あまり使う人を選びません。とりあえず、

1.TOEIC500~600点が目標の人
2.基本単語から勉強したい人

が、『銀フレ』をやるのにピッタリだと思います。

逆にTOEIC700点とか800点が目標の人にとっては物足りないので、『金フレ』のほうが適しています。

こちらも他サイトのレビューが参考になりますので、張り付けておきますね。

このサイトでも書かれていることですが、『銀フレ』に収録されている単語には無駄が一切ありません。

すべてマストで覚えなければいけない単語なので、「こんなの出るのかな?」と心配する必要がありません。

対して『金フレ』のほうは、後半の難単語になるにつれて、見かける可能性も低くなりますから、「こんなの覚えて役に立つのかな」という不安が生じるかもしれません。

もちろん700点とか800点のためには必須なんですけれどね。

自分のレベル・目標から判断しよう

ネットにはいろいろな情報が溢れていますが、目にしたものすべてを信じてしまうと、自分の判断というものが無くなってしまいます。

だからまずは自分のレベル・目標をきちんと考え、それを軸にしてレビューなどを参考にしていくべきです。

このコラムでも、『金フレ』・『銀フレ』がどんな人に適しているかを書きましたが、最後はご自身でテキストを見て、決断してほしいと思います。

最初は『銀フレ』でスタートして、いずれ『金フレ』に移行する……という流れもありですし、書店でパラパラと見たら気持ちが高まったから『金フレ』をやってみる……というきっかけもありです。

使うのは結局のところ自分ですからね。

自分が納得した上でテキストを使うことができていれば、挫折することはないのです。