【銀フレ】レビュー記事

ご覧いただき、ありがとうございます。

TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回は、『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』のレビュー記事です。

この通称『銀フレ』という単語集は、言わずと知れた『金フレ』の基礎編にあたるテキストとして一般的に知られています。

『金フレ』がTOEIC600点以上を目指す学習者を対象としているのに対し、『銀フレ』はTOEIC600点をひとまずのゴールとしている人に向けて作られています。

僕自身、この『銀フレ』は3回ほど読んでいますが、本当によくTOEICに出てくる単語がぎっしり詰まっているハイクオリティなテキストだといつも思います。

また、これまで指導させていただいた生徒さんにも使ってもらったことがあるため、その良さは実証済みでもあります。

TOEICの単語集と言えば、どうしても『金フレ』となりがちですが、今回紹介する『銀フレ』も、それに負けない人気を得て然るべき単語集ですので、その良さをしっかりとお伝えすることができればと思います。

このレビュー記事が、みなさんのテキスト選びの参考になれば幸いでございます。

それではスタートしていきます。

『銀フレ』の対象レベルは?

現在TOEIC200~500点台の方にオススメです

僕のTOEIC指導経験からすると、『銀フレ』はTOEIC200~500点台の方が使うべきだと思います。

テキストには、著者がオススメするレベルが載っていますので、そちらも紹介します。
(『銀フレ』からの引用です)

本書は特に以下の方にお勧めです。

  • TOEIC300~500点台の方
  • 短期間で600点を取る必要のある方
  • TOEIC見受験で単語力に不安のある方
  • TOEICの単語集が難しくて挫折した方
  • 金フレの復習をしながら基本単語を再確認したい方

 

このように著者はTOEIC300点~500点台の方を対象としています。

僕個人としては、TOEIC200点台であっても十分に使うことができる単語集だと考えています。

実際にTOEIC200点台からスコアアップを目指す生徒さんに使ってもらったことがありますが、語彙力を伸ばすには最良のテキストだと思いました。

スタート地点がTOEIC200点台という方々は、一定数いらっしゃいます。
でも、そのスコア帯に対応した単語集というのは少ないのが現状です。

『銀フレ』はTOEIC200点台からスコアアップを目指す学習者をしっかりサポートしてくれますので、安心して使うことができます。

『銀フレ』はTOEIC200点台、300点台の人にとっての救世主

『銀フレ』の内容は?

メインは以下のようになっています。

  • 基礎の400語
  • 頻出の300語
  • 必須の200語
  • 発展の100語

メインの見出し語としては、1000語が収録されています。

また、そのほかにも付録がたくさんついてます。

  • 設問に出る単語・表現(25語)
    設問を理解するうえで欠かせない単語・イディオム集です。
  • パート1重要語50
    『金フレ』にもパート1に出る単語をまとめたセクションがありますが、それよりもコンパクトかつピンポイントになっているのが『銀フレ』です。
  • 注意すべき日常単語(50語)
    こちらも『金フレ』にあるセクションですが、『銀フレ』のほうが単語のセレクションが良いです。
  • 接続詞・前置詞・接続副詞(47語)
    こちらも『金フレ』にあるセクションですが、『銀フレ』のほうが出るポイントを突いています。前置詞・接続詞2つの品詞を持つ単語がまとめられている点も良いです。
  • 部署・職業・専攻名(104語)
    こちらは『金フレ』にあるものに、数語だけ追加されたものになっています。
  • 定型表現100
    重要イディオムが100個も載っています。『金フレ』とは違い、『銀フレ』のほうには例文がついて、学習しやすくなっています。

サブセクションの見出し語としては、376語が収録されています。

つまり、この『銀フレ』1冊に1376語が見出し語として収録されています
(派生語を含めたらもっと増えますが、多すぎるのでカウントしていません)

『金フレ』の基礎編とはいえ素晴らしい充実度なので、これ1冊でTOEIC600点がしっかり狙えます。時間をかけて取り組みましょう。

 

-基礎の400語

かなり基礎的な単語が収録されているセクションです。
TOEIC200~400点台の方だと、おそらく半分くらいは知っているor見たことのある単語だと思います。

ここに出ている400語は、TOEICのおける参加証のようなものです。
この400語を知らないでTOEICを受けるのは無謀だと考えたほうがいいです。

ちなみに『銀フレ』は、『金フレ』と同じレイアウトになっています。

※ 画像は『金フレ』です。

「知っている単語ばかりだな」と思うようであれば、右ページを隠し、左ページの例文と和訳をヒントに単語が言えるかでチェックしてみてください。

この400語は、訳を知っているだけでは足りません。
日本語→英語への変換ができるまで定着させたいところです。

多くの単語集が日本語訳を赤シートで消せるように設計している中、右ページの赤シートで消せるのが英単語になっているところからも、著者の意向が窺えます。

日本語→英語への変換がひとまずのゴールです。

-頻出の300語

このセクションのタイトル通り、頻出単語が盛りだくさんです。

1回のテストで1度は目にするような単語ばかりなので、しっかり覚えれば、「あっ、これ銀フレで勉強したやつだ」という感動を体験できます。

勉強の成果がすぐに出やすいので、TOEIC200点~400点台の方はテストまでに必ずやったほうが良いです。

このセクションも、日本語→英語の変換ができるレベルが目標です。

-必須の200語

このセクションから、いよいよ600点への本戦となります。

Part5,6の語彙問題でそのまま答えとして出題されるような重要語が載っていますので、正解率を上げていくのに有効です。

派生語や、ひとこと解説も読んでおきたいところです。
語感をつかむうえでのヒントが載っていたりします。

どれだけ『銀フレ』を使い込んでいるかの差がつくポイントですので、何回も繰り返しながら、日本語→英語の変換ができるところまで定着させましょう。

-発展の100語

仕上げのセクションです。

発展ということで、わりとレベル高めな単語が収録されています。
このセクションには、『金フレ』でも730点レベルや860点レベルに載っているような単語も入っています。

これはテストの傾向を反映してのことだと思います。

たとえばcomplimentary「無料の」という単語は、『金フレ』だと730点レベルに入っています。一方、『銀フレ』では最終セクションにあります。

『銀フレ』はTOEIC600点を目指す人が対象であるため、一見するとcomplimentaryは目標レベルから外れた単語のように思えますが、公開テストに出てくる頻度からすると必須単語です。

TOEICが新形式になったのが2016年5月。
新形式版の『金フレ』が刊行されたのが2017年1月。
『銀フレ』が刊行されたのが2018年2月。

『金フレ』と『銀フレ』とのあいだには1年ほどの間があるわけですが、この間に新形式TOEICの傾向が変わってきたと言えます。

つまり『金フレ』作成時には730点レベルという「ちょい難しめ」だったcomplimentaryという単語が、『銀フレ』作成時には600点レベルの必須単語となったわけです。

僕も毎回TOEICを受けているから分かりますが、『銀フレ』のほうが現在の公開テストに出てくる単語を正確に突いていると思います。

もちろん基礎単語が多いからというのもありますが、complimentaryのように時間の経過とともに頻出単語に変わったものが『銀フレ』には多く収録されているのです。

この選定は、TOEICを毎回受けている著者だからこそ可能なのでしょうね。

600点を目指すのであれば、「発展の100語」までしっかり勉強しましょう。
もちろん日本語→英語の変換ができるのが目標です。

アプリ版もある

「特急」シリーズなので、abceedでアプリ版を購入できます。

アプリ版はこんな感じです(写真は『金フレ』)。

アプリ版の「復習モード」だと、このように4種類の問題形式で勉強できます。

単語集を使ってもらっている生徒さんから、「配置で覚えてしまうんです」という悩みを寄せられ、アプリ版をオススメすることがあります。

僕個人としては、配置で覚えてしまっても全然問題ないと思っているのですが、そうした覚え方が気になるようでしたらアプリ版を使うのも手かもしれません。

アプリの問題は4択なので、消去法で解けてしまうことが気になる人がいるかもしれません。一長一短だと考えて、自分が好きなほうを選ぶのがいいですね。

ちなみに僕は、書き込んだりできる書籍版のほうが好きです。
ボロボロになるまで使い込みたい派ですね。

『銀フレ』のクオリティは高い!

オススメ度★★★★★(満点)
-600点を目指す方にとっては最高の単語集です!

『銀フレ』は実際のTOEICに出てくる単語を詰め込んだ本格単語集です。

『金フレ』があまりにも人気すぎて、その陰に追いやられてしまっている感もありますが、TOEIC600点向けの単語集としてはベストだと思います。

TOEIC200点台~300点台の方が安心して使える単語集は、これまでなかなか作られてこなかったのですが、『銀フレ』がまさに理想の単語集となってくれました。

何よりも「覚える必要のない単語が1つもない」というのが『銀フレ』の素晴らしいところです。
メインの1000語だけでなく、サブの約370語も覚えることで、TOEICの基本語句がまんべんなくカバーできます。

単語集は、あれこれやらなくて大丈夫です。
TOEIC600点を目指すのであれば、『銀フレ』1冊を丹念に繰り返してください。
『銀フレ』を単語学習のペースメーカーに据えながら、「公式問題集」や「文法問題集」を使って実戦的なトレーニングを積んでいくと良いでしょう。

あくまで勉強法の1つですので、ご自分にあったスタイル・サイクルを見つけてみてください。

今回の記事が、テキスト選びの参考となれば幸いです。

それではご覧いただき、ありがとうございました。

みなさんがTOEICで目標スコアを達成されることを願っております。