TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス

ご覧いただき、ありがとうございます。

TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回は『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』のレビュー記事です。

2019年2月に発売した通称『金セン』は、これまでのシリーズとは異なり、例文をベースにした単語帳となっています。

1つの例文に、TOEICの重要単語・表現が2~7個入っており、見出しの単語・表現として1500語が収録されています。

他にも派生語や付録がついているので、実際に収録されている単語数はずっと多いです。

人気の単語集『金フレ』が見出し1000語だったのと比べると、ボリュームは単純に考えても1.5倍あります。

それだけの量の単語・表現が、360個の例文に凝縮されていますので、かなり効率的な単語学習ができるテキストです。

まさに『Duo3.0』のTOEIC版という感じですね。

対象レベルは?

TOEIC700点以上(リーディング300点以上)+この1冊に専念できる方向け

『金セン』の前書きには、このようにあります。

なお、本書は、高校基礎レベルの単語をすでに身につけている方をターゲットにしています。基礎単語に不安のある初級者の方は、姉妹書の『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』に先に取り組まれることをお勧めします。

「高校基礎レベルの単語」というのが少し曖昧ではありますが、僕が実際にレッスンで使っていた感じだと、最低でもTOEIC700点以上が取れるくらいでないと『金セン』をレギュラー・テキストとして使っていくのは難しいと思います。

理由はいくつかあります。

高校基礎レベルでは足りない

高校基礎レベルの分かりやすい目安としては「英検」が挙げられます。

だいたい高校基礎だと「英検準2級」、あるいはもうちょっと範囲を広げて「英検2級」が該当するレベルになります。

英検準2級や英検2級を持っている方々がTOEICでどれくらいのスコアを取れるかというと、僕がこれまで見てきた例を参考にすれば350~650点の範囲になります。

都内の高校にはTOEICのスコアを卒業条件として課しているところもありますが、普通科だと求められるスコアは400点~500点の間がほとんどです。

ビジネス経験のない高校生の英語力をTOEICで測ることがそもそも難しいのですが、それを差し置いても「高校基礎レベル」があるくらいでは、それほど高得点は取れないと思います。

英検で考えても、英検準2級・2級をお持ちの方がTOEICでどのくらいのスコアが取れるかというと、やはり300~650点の間ではないでしょうか。

そのあたりのスコア帯の人が『金セン』を使っていくとなると、ちょっと厳しいところがあります。

だから僕個人としては、「高校基礎レベル」ではなく、「TOEIC700点以上(リーディング300点以上)」が取れるかどうかを『金セン』を使う基準にしたほうがいいと考えています。

例文がけっこう難しい

もう1つの理由は「例文のレベル」です。

『金セン』は、最初のほうは易しめの例文になっており、進むにつれて少しずつレベルが上がっていきます。

とはいえ最初のほうにも「すこし難しい」と思われる文法が出ていたりします。

例えば「to不定詞の否定」です。

He asked me not to close the window.(※実際の『金セン』の例文ではありません)のような文法で書かれている例文があり、知らないと意味が取れません。

「高校基礎レベル」では、けっこう知らない方も多いと思います。

ほかにも「すこし難しい」と思われる文法がちょくちょく出てきますが、『金セン』には文法や構文の解説はないため、知らなければ調べるしかありません。

知らない文法を自分で調べて解決するにも英語力は必要ですから、やはりTOEIC700点くらい持っていないと独学で『金セン』をやっていくのは大変です。

しっかり理解しながら進めていくとなると時間もかかりますので、テキストをあれもこれもと同時に進めていくほどの余裕はなくなるでしょう。

TOEIC600点台だけれども『金セン』を使っていきたいのであれば、先生などに教えてもらいながら進めていくのが良いと思います。

『金セン』は意外とハイレベル。知らないことを自分で調べるのも必要なので、使うには覚悟が要ります。

使い方は?

とはいえ、『金セン』はハイスコアを目指す学習者にとっては素晴らしいテキストです。

700点以上をお持ちの方が800点や900点を目指していく上での良きパートナーとして活躍してくれます。

TOEICに出る要素がぎゅっと凝縮された例文をまるごと吸収していく-それが理想の学習法だと思います。

1.音読

『金セン』の例文は、ただ読むだけではもったいないです。

自分のものとして定着させるためにも音読を必ず取り入れましょう。

コツとしては「イメージ」です。

自分がリアルな場面でその例文を喋っているところを想像しながら音読するのです。

しっかり目の前に相手がいると思って音読してください。

文章から詳細なイメージを立ち上げられるようになると、リーディングを「訳重視」ではなく「イメージ重視」で読めるようになるので、読んでいるうちに内容を忘れてしまったということが少なくなります。

2.ディクテーション

『金セン』は特急シリーズですので、TOEIC学習用アプリ「abceed」で音声を利用することができます。

例文ベースの学習ですから、音声を使わない手はありません。

「音声を聞く→ノートなどに書き取る」というディクテーションをすることで、リスニング力を高めながら文法・構文の理解が深められ、同時に単語のスペルも覚えられます。

最初は5~6回聞かないと英文を最後まで書き取れないと思います。

何度聞いてもわからない箇所もあるでしょう。

何度聞いてもわからないものは、すぐに目で見てチェックしてください。

そして翌日、同じ箇所をやってみましょう。書き取れるようになっていれば大丈夫です。

これを繰り返して、最終的には1回聞いただけで例文を完璧に再現できるようになるまで続けていきます。

上達には「覚える」ことが不可欠ですので、積極的に暗記していきましょう。

そうして体に刷り込まれたものが自分の言葉として出てくるようになるのです。

3.シャドーイング

『金セン』の例文はどれだけ長くても23語以内です。

これはPart5の1文あたりの長さを意識しているからだそうです。

1文ごとに区切られているのでシャドーイングがしやすいという利点があります。

公式問題集のPart3,4くらいの長さだと厳しいという方は、『金セン』のほうでシャドーイング入門してみてはどうでしょうか。

最終的にはPart3,4くらいの長さでシャドーイングできるのがいいのですが、慣れるまでのつなぎとして『金セン』は使えると思います。

4.例文暗唱

徹底的に使い込むのであれば、例文暗唱までやっておきたいですね。

TOEIC L&Rテストは「聞く・読む」のスキルしか試されないので、「英会話」という点になると、どうしても直結するような勉強がしにくい弱点があります。

しかし、例文暗唱はリスニング・リーディングを伸ばすのと同時に「会話力」も伸ばしてくれる勉強法なので、TOEICで目標スコアを達成するだけでなく、英語を使って仕事がしたいという思いがあるのなら、ぜひ例文暗唱に取り組むべきです。

360文すべての暗唱を目標にしてもいいですし、「これは自分で言えるようになりたい」という例文だけをピックアップして暗唱できるようにするのでもいいです。

暗唱するときに大事なのが、「英文を理解していること」です。

意味のわからないまま呪文のように反復しても効果はありません。

どんな理屈でその英文が作られるのか ― それが分かった状態で暗唱して初めて自分の言葉にできるのです。

文構造や文法がわかっていれば、自分で例文をアレンジして完全オリジナルの英語を作り出せるようにもなります。例文暗唱は、自由に話すための下準備ですね。

5.日→英で訳す

英語を話すとき、「まず日本語で考えてから、それを高速で英語に直す」という過程が重要です。

なかなか「英語で考えて英語で話す」というのは難しいですから、日本語で「こう言いたい!」というのを即座に英語に変換するためのデータベースを頭に構築することが日々の勉強でやっていくことになります。

日→英で訳せるようになることで、そのデータベースが作られていきます。

先の例文暗唱とも似ていますので、組み合わせてやるのがいいです。

例文暗唱は「何も見ないで」英語を言うのに対して、日→英訳は「日本語を見たうえで」英語を言います。

たったこれだけの違いですが、まったく別のことをやっている感覚がありますので、脳みそを刺激しながら英語を仕入れていってください。

やるなら『金セン』と心中するつもりで

オススメ度|★★★★☆ (覚悟のある人のみ)

さて、これまで書いてきたとおり、『金のセンテンス』は上級者向けのテキストです。

しかも1冊しっかりやるとなると様々なアプローチから取り組んだほうがいいため、かなり時間をかけて進めていく必要があります。

読んで終わり、音読して終わり、くらいのライトな使い方になるようであれば、別の単語集をやったほうが良いです。

たくさんのテキストを片っ端からやっていきたいという方にも向いていなくて、『金セン』をやるなら浮気をしない覚悟がなくてはいけません。

旅のお供は『公式問題集』と『金のセンテンス』だけ。

とにかくTOEICに必要なことが凝縮されたテキストですから、1冊しっかり使いこなせば必ずスコアアップします。

魅力的なテキストなので、まだTOEIC600点台だけど『金セン』を使ってみたいという方もいるだろうと思います。

そういう方は、可能であれば先生などに質問できる環境でスタートしたほうが良いです。

なかなか1人でやるのは大変ですし、シャドーイングや暗唱をするのであれば、チェックしてもらえる場があったほうがモチベーションも上がりますからね。

ぜひ『金セン』と心中するつもりで勉強してみてください。

今回の記事が、皆様のテキスト選びの参考となれば幸いです。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました。

みなさんがTOEICで目標スコアを達成されることを願っております。