TOEIC公開テストが1日2回の開催となります

10月25日の公開テストよりスタート

ご覧いただき、ありがとうございます。TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

先週の7月31日に、TOEIC公開テストが1日2回の開催になるとのニュースが出ました。

コロナウイルスの影響で人数制限をしているところでしたので、これは非常に嬉しい対応です。

1日2回の開催となるのは、10月25日(日)の公開テストからです。

人数制限は依然として継続しますが、1日2回になることで、受験できる人の数は確実に増えますね。

午前・午後での開催

午前・午後のスケジュールは以下のようになります。

午前の部

受付時間:9:25-9:55

試験時間:10:20-12:20

終了時刻:12:35

午後の部

受付時間:14:05-14:35

試験時間:15:00-17:00

終了時刻:17:15

どちらも早すぎず遅すぎずの、ちょうどいい時間ですね。

同じ日のテストでも、午前と午後によって申込期間が異なります。

午前テストの申込開始から1週間後に、午後テストの申込開始というズレがあります。

1日2回テストを受けることはできません。

これは当然といえば当然ですね。

また、注意しなければいけないのが、いったん申し込んでしまうと、午前・午後の変更はしてくれません。

あらかじめスケジュールを確認して、確実に受験できるほうを選んでください。

それから試験中はマスク必須です。

マスクがないと受験できませんので、絶対に着けていきましょう。

10月25日以降はずっと1日2回に

公開テストが1日2回になるのは、10月25日だけではありません。

それ以降は、ずっと1日2回の開催となるそうです。

テスト日程は、こちらです。

来年の3月までは、ずっと1日2回の開催です。

まだまだコロナは終息していないでしょうから、先を見越した変更ですね。

受験者数が少しずつでもいいので、増えていけばと願っております。

また、9月13日の公開テストの申込時にアクセスが殺到したことからも、TOEICを受験したいと考えている人はかなり多いのではないでしょうか。

これを機に、たとえコロナが終息した後でも、TOEIC公開テストは1日2回の開催をスタンダートにしてくれると、受験会場にも余裕ができて良いと思います。

確保しなくてはいけない会場数も抑えられるので、経費削減になるでしょう。

定期的に受験する身としては、これ以上、受験料を値上げしないでほしいですからね。

問題は被るか?

さすがに午前と午後で問題が被ることは無いと思います。

午前・午後のインターバルには余裕がありますから、もし被っていたら、午前受験の人が掲示板に書き込んだものを、午後受験の人が見られることになります。

これでは不公平ですからね。

100%別の問題セットを用意してくるでしょう。

TOEICはこれまでも1回の公開テストで3~4種類の異なるフォームがありましたから、違う問題を用意することは大して苦ではないと思います。

午前・午後どちらで受験しても変わりはありませんので、都合のいい時間帯を選んで受験いしてください。

そして来年からのTOEICは原則として毎月開催となりますので、受験機会がさらに増えます。

これまで開催のなかった2月・8月にも公開テストが実施されますから、これもまた嬉しい変化となりますね。

TOEICを通して英語力を高め、夢や目標を達成していきましょう!