TOEIC600点への練習問題 #1

ご覧いただき、ありがとうございます。TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回からリノキア英語スクール独自作成のパート5練習問題をアップしていきます。

1記事あたり10問が収録されており、600点・700点・800点のシリーズがあります。

問題演習のサプリメントとしてご利用いただければと思います。

今回の解答時間は、250秒(1問あたり25秒)を目安に解いてみましょう。

それではスタートです。

問題(全10問)

1. Mr. Khan will review —— financial report before submitting it to the department manager.
(A) he
(B) his
(C) him
(D) himself

2. According to its policy, all reservations must —— through Lester Hotel’s Web site.
(A) make
(B) making
(C) be made
(D) made

3. Since its current president founded the company 8 years ago, O.C. Technology —— a wide range of electronic devices and home appliances.
(A) develop
(B) developed
(C) has developed
(D) had developed

4. Mr. Garcia reported that his team had a more —— discussion than before thanks to Dr. Chakin’s advice.
(A) product
(B) production
(C) productive
(D) productively

5. Cortney Hotel is a nice choice to stay in Saitama during your travel because it is —— accessible from the center of Tokyo.
(A) easy
(B) easily
(C) easier
(D) ease

6. Ms. Park is planning to get around Shibuya and Shinjuku —— she is staying in Japan on her business trip.
(A) unless
(B) during
(C) despite
(D) while

7. Dr. Benson’s new book, Tips to Succeed, will give you information —— how to attract potential clients.
(A) on
(B) in
(C) at
(D) to

8. Mr. Thompson —— it is essential to meet with each employee individually.
(A) believe
(B) believes
(C) have believed
(D) to believe

9. Sato Hotel chain has an —— reputation for quality and comfort.
(A) establish
(B) establishing
(C) established
(D) establishes

10. Mr. Lee has finally invented a sophisticated statistical software especially —— for experienced accountants.
(A) design
(B) designs
(C) designing
(D) designed

 

 解答と解説

1. Mr. Khan will review —— financial report before submitting it to the department manager.
(A) he
(B) his
(C) him
(D) himself

解答:(B)
代名詞の「格」を選ぶ問題です。
空所後に名詞があるので、「所有格」のhisが正解です。
heは「主格」なので、主語として働きます。
himは「目的格」なので、目的語として働きます。
himselfは「再帰代名詞」といって、主語を強調する等の働きをします。
(訳)Khan氏は、部門長に提出する前に、彼の財務報告書を見直す予定です。

before ~ing:「~する前に」

2. According to its policy, all reservations must —— through Lester Hotel’s Web site.
(A) make
(B) making
(C) be made
(D) made

解答:(C)
☆基礎となる理解のチェック
空所前に「助動詞」mustがあるので、あとには「動詞の原形」が続きます
選択肢のうち、動詞の原形はmakeとbe madeの2つなので、あとは文脈で判断します。

☆必須となる理解のチェック
must makeは「能動態」なので、「~しなければいけない」という意味になります。
must be madeは「受動態」なので、「~されなければいけない」という意味になります。

☆ゴールとなる理解のチェック
どちらが適切かを選ぶのにチェックするのが主語です。
この文の主語は(all) reservations:「(すべての) 予約」です。
主語reservationsを動作の本体と考え、「する側」か「される側」かを判断します。
予約は「される側」であるため、受動態の(C)が正解となります。
もし人間が主語だったら、予約を「する側」になるため(A)が正解になります。
例)All guests to Lester Hotel must make reservations through its Web site.

(訳)規則によると、すべての予約はLester Hotelのウェブサイトを通してされなければいけません。

make a reservation:「予約をする」
policy:「(会社などが作った)決まり、規則」

3. Since its current president founded the company 8 years ago, O.C. Technology —— a wide range of electronic devices and home appliances.
(A) develop
(B) developed
(C) has developed
(D) had developed

解答:(C)
もしこの問題で答えに迷ったのであれば、「決まり」で覚えてしまいましょう。
まず文頭の接続詞sinceと、おしりの8 years agoをチェックします。この2点で、「8年前から」という意味がなんとなく取れたら、もう簡単です。

「since+過去形」とあったら、もう片方の文では「現在完了形」が用いられます。
「現在完了形」とは「have+過去分詞」または「has+過去分詞」です。
「過去の~から、今までずっと…している」という意味を作ります。
よって正解は(C)has developedです。

(D)had developedは「過去完了形」という時制です。600点が目標であれば知らなくても問題ありません。

(訳)現社長が8年前に会社を設立してから、O.C. Technologyは多岐にわたる電子機器や家電製品を開発してきました。

current:「現在の」
found:「~を設立する」
a wide range of ~:「多岐にわたる~」
electronic devices:「電子機器」
appliance:「電化製品」

4. Mr. Garcia reported that his team had a more —— discussion than before thanks to Dr. Chakin’s advice.
(A) product
(B) production
(C) productive
(D) productively

解答:(C)
空所後に名詞discussionがあるため、それを修飾する形容詞が入ります。

(訳)Chakin博士のアドバイスのおかげで、Garcia氏は、彼のチームが以前よりも生産的な議論ができたことを報告しました。

thanks to:「~のおかげで」

5. Cortney Hotel is a nice choice to stay in Saitama during your travel because it is —— accessible from the center of Tokyo.
(A) easy
(B) easily
(C) easier
(D) ease

解答:(B)
空所後に形容詞accessibleがあるため、それを修飾する副詞が入ります。

(訳)Cortney Hotelは、東京の中心から簡単にアクセスできるので、旅行中に埼玉で滞在するのには良い選択肢です。

6. Ms. Park is planning to get around Shibuya and Shinjuku —— she is staying in Japan on her business trip.
(A) unless
(B) during
(C) despite
(D) while

解答:(D)
空所後にはSVが続いているので、接続詞が必要です。
選択肢のうち、接続詞はunless:「~でない限り」とwhile:「~する間」の2つです。
最後は文脈で考えて、(D)を選びます。

duringは「前置詞」なので、意味的に合っていても、文には合いません。
despite:「~にもかかわらず」も「前置詞」なので、文法的に不適切です。

(訳)Park氏は、出張で東京に滞在中に、渋谷と新宿を見て回るつもりでいます。

7. Dr. Benson’s new book, Tips to Succeed, will give you information —— how to attract potential clients.
(A) on
(B) in
(C) at
(D) to

解答:(A)
onは「~に関して」という意味があるため、これが正解です。

(訳)Benson博士の新しい本であるTips to Succeedは、潜在的顧客の惹きつけ方に関する情報を与えてくれます。

8. Mr. Thompson —— it is essential to meet with each employee individually.
(A) believe
(B) believes
(C) have believed
(D) to believe

解答:(B)
主語がMr. Thompson(3人称)なので、選択肢のうち、動詞として対応するのは(B)だけです。3人称・単数・現在形(3単現)という文法です。

(訳)Thompson氏は、それぞれの社員と個々に合うことが不可欠であると考えている。

9. Sato Hotel chain has an —— reputation for quality and comfort.
(A) establish
(B) establishing
(C) established
(D) establishes

解答:(C)
空所後に名詞があるので、形容詞が入ります。
選択肢のうち、形容詞になれるのはestablishingとestablishedです。
reputation「評判」は、「~される側」のモノなので、過去分詞形の(C)が正解です。

(訳)Sato Hotelチェーンは、質と快適さで、確立した評判があります。

10. Mr. Lee has finally invented a sophisticated statistical software especially —— for experienced accountants.
(A) design
(B) designs
(C) designing
(D) designed

解答:(D)
空所前の副詞especiallyと結びつきながら、名詞statistical softwareを修飾する形容詞が入ります。選択肢のうち、形容詞になれるのはdesigningとdesignedです。
statistical software「統計ソフト」は、デザイン「される」ほうなので、過去分詞形の(D)が正解です。

(訳)Lee氏は、とりわけ経験のある会計士に向けてデザインされた統計ソフトを、ようやく作り上げました。

 

正解数とスコアの目安

  • 7~8問正解:600点レベル
  • 9~10問正解:700点レベル

今回は基礎的な問題が中心でしたが、分詞の問題はちょっとレベルが高めでした。
全問正解したら、700点は狙える文法力に相当すると思います。
しかし、600点を狙うにしても、理解しておきたい文法であることに間違いないです。

自分で解説できることを目標にすると、文法は定着しやすいです。
ぜひやってみてください。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。
また次回、よろしくお願いします。