TOEIC700点への練習問題 #7

ご覧いただき、ありがとうございます。

TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回の練習問題は、目標スコア700点です。

TOEIC700点というのは、高得点として位置づけられます。
実力的にも、リスニング・リーディングの基礎ができており、ここから飛躍していく段階に入ったところにあります。

600点が目標のときは、リーディング250点が1つの目安でした。
700点が目標になると、リーディングの目安は300点以上にアップします。

250点を超えてからのスコアアップは、そう簡単ではありません。
綿密に勉強していかないと、700点は超えられない壁のままになります。

600点を突破し、700点へと進むには何が必要なのか?
その答えの1つは、英語の「経験値」ではないかと思います。
600点を目指している人と、700点を目指している人とでは、そもそも英語に触れてきた時間と量がまったく違うのです。

「この単語は、こう使うのか」といった気付きがそのまま経験値となり、蓄積されることで、英語力は高まっていきます。

英語経験値アップのために、この練習問題集がすこしでも足しになれば幸いです。

それではスタートしていきます。
3分以内での解答を目指してください。

問題(全10問)

1. As Mr. Porto has a business trip coming up next week, he wants to know —— he can receive his flight ticket.
(A) how long
(B) how far
(C) how soon
(D) how often

2. When several loyal customers complained about the taste of food, the chief chef —— his sincere apology immediately.
(A) extended
(B) revised
(C) subscribed
(D) followed

3. All construction companies in Chiyoda City must have a building permit before starting a —— project for each client.
(A) renovate
(B) renovation
(C) renovating
(D) renovated

4. The new distribution center will create a variety of jobs including drivers and —— positions.
(A) mutual
(B) clerical
(C) promotional
(D) numerous

5. —— Quick Cleaning has decided to open its seventh location, the management will soon start hiring staff for the new store.
(A) Because of
(B) Although
(C) Therefore
(D) Now that

6. Sato Bike sells used bicycles at —— lower prices than its major competitors in Shinagawa district.
(A) very
(B) highly
(C) much
(D) quite

7. We have to remove all personal data from the letter of complaint before we —— the document for training use.
(A) detect
(B) adapt
(C) restrict
(D) modify

8. By this time next year, Triangle Soft —— another computer model.
(A) have already launched
(B) to launch
(C) had been launched
(D) will have launched

9. The statistics show that employees tend —— more efficiently and diligently when they are not allowed to work overtime.
(A) to work
(B) have worked
(C) working
(D) for working

10. The CEO believes that he has an —— to reward his employees for their hard work with bonus payments.
(A) allowance
(B) encounter
(C) interruption
(D) obligation

 

解答と解説

1. As Mr. Porto has a business trip coming up next week, he wants to know —— he can receive his flight ticket.
(A) how long
(B) how far
(C) how soon
(D) how often

解答:(C)
語彙問題です。
(C)how soon「どれくらい早く」が文脈にもっとも合うので、これが正解です。

(訳)Porto氏は、来週に出張を控えているため、飛行機のチケットをどれくらい早く受け取れるかを知りたがっています。

as:(接)~なので / how long:どれくらい長く / how far:どれくらい遠く / how often:どれくらい頻繁に 

2. When several loyal customers complained about the taste of food, the chief chef —— his sincere apology immediately.
(A) extended
(B) revised
(C) subscribed
(D) followed

解答:(A)
語彙問題です。
空所後にある目的語”his sincere apology”と意味的に結びつくのは、(A)extend「~を表す(感謝・お詫び・招待など)」です。
「~を延長する」以外にも重要な意味を持っているので、しっかり覚えておきましょう(できれば自分で使えるようになるのが良いです)。

(訳)何人かの常連客が食事の味について不満を述べたとき、主任シェフはすぐに真摯なお詫びをしました。

loyal customer:常連客 / chief:主要な / sincere:誠実な / revise:~を修正する / subscribe:~を購読する / follow:~に従う 

3. All construction companies in Chiyoda City must have a building permit before starting a —— project for each client.
(A) renovate
(B) renovation
(C) renovating
(D) renovated

解答:(B)
品詞問題です。
空所後に名詞projectがあるので、それと結びつく品詞を探します。
ここでは複合名詞のパーツとなる名詞(B)renovationが正解です。
renovation project「改装プロジェクト」と知っていると、即答できます。
形容詞である(C)や(D)も候補にはなりますが、意味的に結びつかないので、ここでは正解になりません。

(訳)Chiyoda Cityのすべての建設業者は、取引先ごとの改装プロジェクトを始めるにあたり、建設許可証を持っていなければなりません。

permit:許可証 / renovate:~を改装する / renovated:改装された 

4. The new distribution center will create a variety of jobs including drivers and —— positions.
(A) mutual
(B) clerical
(C) promotional
(D) numerous

解答:(B)
語彙問題です。
空所後にpositionsがあるので、どんな仕事かを表す単語が入ります。
(B)clerical「事務の」が正解です。
clerk「事務員」から派生している単語なので、合わせて覚えてしまいましょう。

(訳)その新しい配送センターは、運転手や事務職を含む、様々な仕事を生み出すでしょう。

distribution center:配送センター / a variety of~:様々な~ / mutual:互いの / promotional:販売促進の / numerous:多くの 

distribution center

 

5. —— Quick Cleaning has decided to open its seventh location, the management will soon start hiring staff for the new store.
(A) Because of
(B) Although
(C) Therefore
(D) Now that

解答:(D)
文法問題と語彙問題のハイブリッドです。
空所後にはSVがあるため、前置詞である(A)や、副詞である(C)が除外できます。文法知識で、2択に絞りましょう。
残ったのは両方とも接続詞なので、あとは意味で選びます。
ここでは、(D)now that「(今は)~なので」が正解です。

(訳)今やQuick Cleaningは7つ目の店舗をオープンすると決定したので、経営陣は、その新しい店舗へのスタッフを採用し始めます。

because of~:~が理由で / although:~だけれども / therefore:それゆえ 

6. Sato Bike sells used bicycles at —— lower prices than its major competitors in Shinagawa district.
(A) very
(B) highly
(C) much
(D) quite

解答:(C)
文法問題です。
空所後に比較級”lower”があるので、それを強調するものを入れます。
(C)muchは、比較級の強調に使えるので、これが正解です。
(A)veryは、最上級を強調します。
(B)highlyは、原級を修飾します。

(訳)Sato Bikeは、Shinagawa地区の主要な競合他社よりもずっと安い価格で、中古の自転車を販売します。

competitor:競合他社 / district:地区 

7. We have to remove all personal data from the letter of complaint before we —— the document for training use.
(A) detect
(B) adapt
(C) restrict
(D) modify

解答:(B)
語彙問題です。
空所後に目的語”document”があるので、それを踏まえて、文脈に合うような動詞を選択します。
文脈に合うのは、(B)adapt「~を作り変える(別の用途のために)」です。
(D)modifyは「~を修正する・推敲する」という意味なので、別のものに変えてしまうという意味合いはありません。

(訳)研修用に作り変える前に、我々はその苦情の手紙から、すべての個人的な情報を取り除く必要があります。

remove:~を取り除く / complaint:苦情 / detect:~を検知する / restrict:~を制限する 

8. By this time next year, Triangle Soft —— another computer model.
(A) have already launched
(B) to launch
(C) had been launched
(D) will have launched

解答:(D)
動詞の時制選ぶ、文法問題です。
文頭にBy this time next yearとあるのがポイントです。
「来年のこの時期までには」という意味なので、未来完了形が必要だとわかります。したがって、正解は(D)です。

(訳)来年のこの時期までには、Triangle Softはもう1つパソコンを発売していることでしょう。

launch:~を開始する・発売する

9. The statistics show that employees tend —— more efficiently and diligently when they are not allowed to work overtime.
(A) to work
(B) have worked
(C) working
(D) for working

解答:(A)
語法問題です。
「tend to 動詞の原形:~する傾向がある」という使い方なので、(A)が正解です。

(訳)統計は、残業を許可されていないときだと、社員はより効率的かつ熱心に仕事をする傾向があると示しています。

statistics:統計 / efficiently:効率的に / diligently:勤勉に : work overtime:残業する 

10. The CEO believes that he has an —— to reward his employees for their hard work with bonus payments.
(A) allowance
(B) encounter
(C) interruption
(D) obligation

解答:(D)
語彙問題です。
空所後に”to reward”があるので、意味的に結びつく名詞を選びます。
正解は(D)obligation「義務・責任」です。
ほかの選択肢も、レベルが高めの語彙だったため、難しい問題でした。

(訳)そのCEOは、従業員の熱心な仕事に対して、ボーナスを支払うことで報いるのが責任であると考えています。

reward:~に報いる / allowance:手当金 / encounter:出会い / interruption:中断 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

文法問題も、語彙問題も、すこし細かい知識を問うものが入れてあります。
テストで解けることも重要ですが、最終的には「使える」ようになることが語学の目標ですので、ぜひ細かい違いなども覚えて、使えるレベルまで定着させていきましょう。

昇進・海外赴任・大学院入試などで評価されることの多いTOEIC700点というスコアに向けて、日々の勉強を頑張っておられると思います。
でも、時には「休むこと」も必要ですので、煮詰まったりしたら、英語から離れることも考えてみてください。
1日、2日の休息で、思った以上にモチベーションが回復することもあります。

僕も今でこそTOEIC990点を取得していますが、一直線でここまで来たわけではありません。
頑張った時期もあれば、気持ちが向かわずに休憩していた時期もあります。
英語学習は、人生と同じで長い道のりですから、「山あり谷あり」が常です。
休みながらでも大丈夫なので、1歩ずつ進んでいきましょう。

それではご覧いただき、ありがとうございました。
また次回、よろしくお願いします。