レベル制限なしのパート5練習問題集 #1

ご覧いただき、ありがとうございます。TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回からパート5練習問題集は「レベル縛りなし」となります。

TOEIC600点~900点を取るために必要となる語彙・語法・文法・品詞が散りばめられた問題集にしますので、実戦のように使ってもらえると嬉しいです。

問題によっては、難易度が目標レベルよりも上のことがあります。

そうした問題は捨ててしまって構いませんので、本番と同じように時間を意識しながら解いてみてください。

それでは問題数はこれまでどおり10問です。

時間は、150~300秒(1問あたり15~30秒)で解きましょう。

それではスタートです。

問題(全10問)

1. Minato Book Club is now —— new members from outside Tokyo.
(A) accept
(B) accepted
(C) accepting
(D) being accepted


2. Cindy Olsen —— that she had to cancel some of her appointments to meet her important client.
(A) appreciated
(B) guaranteed
(C) improved
(D) satisfied


3. When Colin Clothing opened a new store in Japan, many reporters came there to —— the grand opening.
(A) expect
(B) look
(C) invite
(D) cover


4. Lester Building is very easy to locate because it is —— Omiya Station and has bright red walls.
(A) opposite
(B) against
(C) onto
(D) between


5. During the hiring process, three —— candidates were invited to the final interview.
(A) promise
(B) promises
(C) promising
(D) promised


6. Even though the online reservation system was updated, some customers found it ——.
(A) complicated
(B) complicate
(C) complicates
(D) complication


7. Stanley Beverage chose to hire a famous actress for the TV commercial in order to —— its company image.
(A) devise
(B) enhance
(C) reimburse
(D) acknowledge


8. Mr. Swift required a —— of three additional staff to deal with increased workload.
(A) few
(B) minimum
(C) capacity
(D) range


9. The —— Taliah Vo worked with taught her basic skills of negotiating with prospective customers.
(A) supervisor
(B) intention
(C) strength
(D) engagement


10. As stated in the schedule, the board meeting started —— at three in the afternoon.
(A) prompt
(B) prompted
(C) promptness
(D) promptly


解答と解説

1. Minato Book Club is now —— new members from outside Tokyo.
(A) accept
(B) accepted
(C) accepting
(D) being accepted

解答:(C)- 600点レベル
文法問題です。空所の前にbe動詞があるのがポイントです。この時点で、一般動詞である(A)は除外できます。残ったもののうち、(B)と(D)は受動態、(C)は現在進行形を作りますので、あとは文意に合うほうを選びます。ここでは「受け付けている」という意味になる現在進行形が適切なので、(C)acceptingが正解です。

(訳)Minato Book Clubは現在、東京の外から新しい会員を受け付けています。

ワードリスト

accept:~を受け入れる、認める


2. Cindy Olsen —— that she had to cancel some of her appointments to meet her important client.
(A) appreciated
(B) guaranteed
(C) improved
(D) satisfied

解答:(A)-700点レベル
語彙問題です。正解は「~を理解する」という意味の(A)appreciateが正解です。
「感謝する」という意味もありますが、「理解する」という意味のappreciateは、直後にthat節をとることが多いため、そこで判別できます。「感謝する」のappreciateは、直後にはthat節が来ません。

(訳)Cindy Olsenは、大事な顧客に会うために、いくつか予定をキャンセルしないといけないことを理解していました。

ワードリスト

appointment:予定、約束 / guarantee:~を保証する / improve:~を改善する / satisfy:~を満足させる


3. When Colin Clothing opened a new store in Japan, many reporters came there to —— the grand opening.
(A) expect
(B) look
(C) invite
(D) cover

解答:(D)-600点レベル
語彙問題です。文意に合うのは「~を報道する」という意味の(D)coverです。(B) lookは自動詞なので、look at+名詞のように前置詞がないと名詞を導けません。

(訳)Colin Clothingが日本に新しい店舗を開いたとき、グランドオープンを報道するために多くのリポーターがそこへ来ました。

ワードリスト

expect:~を予想する、期待する / invite:~を招待する


4. Lester Building is very easy to locate because it is —— Omiya Station and has bright red walls.
(A) opposite
(B) against
(C) onto
(D) between

解答:(A)-700点レベル
前置詞の問題です。「~の反対に、向かいに」という意味の(A)oppositeがもっとも適切です。(B)againstも「~に反対している(意見)」という意味があるため、迷ったかもしれません。また位置を表すagainstには「接着している」イメージがあります。

例:I placed my desk against the wall.
(私はデスクを壁にくっつけて置いた)

訳し方が似ているものは、細かいところまで追求するようにしたいですね。

(訳)Lester Buildingはとても簡単に見つけられます。というのも、それはOmiya Stationの向かいにあり、鮮やかな赤い壁をしているからです。

ワードリスト

locate:~を見つける / bright:鮮やかな


5. During the hiring process, three —— candidates were invited to the final interview.
(A) promise
(B) promises
(C) promising
(D) promised

解答:(C)-600点レベル
品詞問題です。空所後に名詞があるので、それを修飾する形容詞が必要です。選択肢のうち形容詞は(C)と(D)なので、あとは意味で判断します。正解は(C)promising「見込みのある」です。(D)promisedは過去分詞なので形容詞の役割をしますが、「約束された」という意味なので、直後の名詞とつながりません。

(訳)採用プロセス中、3人の有望な候補者が最終面接に呼ばれました。

ワードリスト

hiring:採用 / candidate:候補者 / invite:~を招待する / promise:約束する


6. Even though the online reservation system was updated, some customers found it ——.
(A) complicated
(B) complicate
(C) complicates
(D) complication

解答:(A)ー800点レベル
文法知識が必要な品詞問題です。find A+形容詞で「Aが~であると思う」という意味になるため、空所には形容詞が入ります。よって形容詞である(A)complicated「複雑な、わかりにくい」が正解となります。

(訳)オンラインの予約システムはアップデートされたけれども、お客さんの中にはそれが分かりにくい(=使いにくい)と思った人もいた。

ワードリスト

complicate:~を複雑にする / complication:複雑にするようなこと


7. Stanley Beverage chose to hire a famous actress for the TV commercial in order to —— its company image.
(A) devise
(B) enhance
(C) reimburse
(D) acknowledge

解答:(B)-800点レベル
語彙問題です。文脈に合うのは(B)enhance「~を高める」です。かつてはレベル高めの単語でしたが、最近は見かけることが多くなったので、600点が目標であってもぜひ覚えておきたい単語です。

(訳)Stanley Beverageは、会社のイメージを高めるため、テレビコマーシャルに有名な女優を採用することにしました。

ワードリスト

choose to ~:~することに決める / actress:女優 / devise:~を考案する / reimburse:払い戻しする / acknowledge:~を認める


8. Mr. Swift required a —— of three additional staff to deal with increased workload.
(A) few
(B) minimum
(C) capacity
(D) range

解答:(B)ー600点レベル
語彙問題です。a minimum of~「最低でも~」というフレーズが完成するので、(B)が正解です。minimumは名詞だけでなく、「最小限の」という意味の形容詞もあるので、どちらも覚えておけると良いですね。

(訳)Swift氏は、増加した仕事量をこなすために、最低でも3人の追加スタッフを要求しました。

ワードリスト

deal with:~に対処する / capacity:能力 / range:範囲


9. The —— Taliah Vo worked with taught her basic skills of negotiating with prospective customers.
(A) supervisor
(B) intention
(C) strength
(D) engagement

解答:(A)ー800点レベル
語彙問題ですが、文法の知識が必要です。
まずこの文の主語はThe —— までで、Taliar ~ withまでは、その主語を修飾する形容詞節です。空所の直後には関係代名詞のwhoが入るのですが、ここでは省略されているので、それに気づけないと厳しいです。ただ、The —— が主語とわかれば、後ろの形容詞節との関係を考えて(A)supervisor「上司」が正解であると導けます。
ハイスコアを取るには、語彙力だけでなく総合的な力が必要となります。

(訳)Taliah Voがともに仕事をした上司は、彼女に見込み客との交渉する基本的なスキルを教えてくれました。

ワードリスト

negotiate with~:~と交渉する / prospective:見込みのある / intention:意図 / strength:強さ / engagement:約束


10. As stated in the schedule, the board meeting started —— at three in the afternoon.
(A) prompt
(B) prompted
(C) promptness
(D) promptly

解答:(D)-600点レベル
品詞問題です。空所はあってもなくても文が成立しているので、副詞が入ると分かります。選択肢のうち、副詞は(D)promptly「時間ちょうどに、即座に」だけなので、これが正解です。
たとえ消したとしても文構造が崩壊しないのが副詞の特徴です。

(訳)スケジュールに記載されていたとおり、役員会議は午後3時ちょうどに始まりました。

ワードリスト

as+過去分詞(~ed):~されているとおり / state:~を述べる、記載する / prompt:(形)即座の(動)~を促す / promptness:迅速であること


おわりに

5~6問正解:600点レベル
7~8問正解:700点レベル
9~10問正解:800点レベル

練習問題はいかがでしかた。

600点までは基礎をとにかく固め、英文を正しく読む練習が必要です。

そこで培った基礎力が、700点や800点を目指すのに役立ってきます。

基礎がないとスコアは伸びていきませんので、基礎を大事にしてください。

そして基礎とは、日々の繰り返しによって定着します。

たとえ基本的な文法であっても、1日やっただけで終わりにしてしまえば、なかなか身につきません。

何日間か繰り返して定着させるからこそ、基礎になり得るのです。

復習8割、新しいこと2割くらいの比率で勉強していくのが良いかと思います。

コツコツと積み上げていきましょう。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。