TOEIC600点への英文法

ご覧いただき、ありがとうございます。

TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回の記事は「前置詞・接続詞」についてです。

1回のテストだと、Part5,6内で合わせて2~3問くらい出題されるのが「前置詞・接続詞」です。

TOEIC600点を達成される方はきちんと正解してくるところです。

言い換えれば、「前置詞・接続詞」で正解できないと、同じようにTOEIC600点を目指している受験者との差が大きく開いてしまうことになります。

「前置詞・接続詞」問題をきっちり正解できるかどうかは、TOEIC600点を取れるかどうかの分岐点にもなってきますので、重要度は非常に高いです。

覚えることが多くて、一見すると大変かもしれませんが、TOEIC600点以上を達成している人たちは皆この過程を通ってきています。

「覚えるだけでスコアアップする」のが、この「前置詞・接続詞」でもありますから、そう考えるとやっておいて損はないですよね。むしろ得ばかりです。

記事の最後にはTOEIC Part5形式の練習問題をつけてありますので、そこで理解度の最終確認をしてみてください。

もちろん最初に練習問題を解いて、理解度をチェックしても大丈夫です。
使いやすいようにご利用ください。

それではさっそくスタートしていきます。

1.前置詞と接続詞の機能

はじめに「前置詞・接続詞」の違いについて押さえましょう。

 

前置詞と接続詞

・前置詞-うしろに名詞 or 名詞のカタマリが続く

・接続詞-うしろに文(S+V)が続く

 

S=名詞ですから、あとに続く英語に動詞が入っているかどうかでも判断できます。
動詞が入っていないなら前置詞が必要になり、動詞が入っているなら接続詞が必要になります。

例文でも見ていきましょう。

<前置詞の例文>

1.The event was canceled due to the bad weather.
(そのイベントは、悪天候のために中止になりました)

※ due to+名詞

2.I visited many places during my stay in Japan.
(私は日本での滞在中に、たくさんの場所を訪れました)

※ during+名詞

「前置詞+名詞」が鉄則です。

例文のように、単語ではなくフレーズになっている場合もあります。
こうした「名詞のカタマリ」も、前置詞のあとに続けることができます。

<接続詞の例文>

1.The event was canceled because the weather was bad.
(天気が悪かったので、そのイベントは中止になりました)

※ because+S V S= the weather / V= was)

2.I visited many places while I was staying in Japan.
(日本に滞在している間に、私はたくさんの場所を訪れました)

※ while+S V S= I  / V= was staying)

「接続詞+SV」が鉄則です。

接続詞は、うしろに動詞を含んだカタマリが続いているのが特徴です。
一方、前置詞のあとには動詞が出てこないので、そこでも判別できます。

TOEIC600点のためには、この違いさえ押さえておけば大丈夫です。
あとはTOEICに頻出の前置詞・接続詞をできるだけ覚えていきましょう。

2.TOEIC頻出の前置詞

前置詞といえば、at, in, ofのようなものが代表的ですが、TOEICではそれ以外にも重要な前置詞がいくつか出てきます。

【TOEIC必須の前置詞】

1due to ~~が理由で
~のせいで
2because of ~
3owing to ~
4during ~~の間に
5without ~~なしで / ~することなく
6despite ~~にもかかわらず
7in spite of ~
8besides ~~に加えて
9in addition to ~
10throughout ~~の間ずっと / ~の至るところで
11across~の至るところで
12instead of ~~の代わりに
13prior to ~~の前に
14according to ~~によると
15between  ~~のあいだで(2つあるものの)
16among ~~のあいだで(3つ以上あるものの)
17except (for) ~~を除いて
18along with ~~と一緒に
19through ~~までずっと(継続) / ~を通して
20by ~~までに(締切)
21on ~~についての / ~に関する
22unlike ~~とは異なり
23regarding ~~に関して
24concerning ~

in addition to~、instead of~のように、最後が前置詞で終わっているフレーズは、たとえ見たことがないフレーズであっても前置詞と判定して大丈夫です。

※ ただし、「動詞+前置詞」(例:look for~、put on~)は、動詞になりますので、そこだけ注意してください。

一覧を丸暗記するのは大変なので、問題を解きながら覚えていきましょう。

3.TOEIC頻出の接続詞

接続詞といえば、and, but, when, ifなどが定番ですが、TOEICにおいてはそれとは異なる接続詞たちが問題として出されます。

【TOEIC必須の接続詞】

1because +SV~なので
2since +SV
3as +SV
4while +SV~する間 / ~である一方で
5though +SV~にもかかわらず
6although +SV
7even though +SV
8even if +SVたとえ~であっても
9only if +SV~する場合に限り
10as soon as +SV~するとすぐに
11once +SVいったん~したら / ~したら
12now that +SV今は~なので
13unless +SV~でない限り
14given that +SV~であることを考慮すると
15so that +SVSがVできるように
16in case +SVSがVした場合に備えて
17whereas +SV~である一方で
18as if +SVまるで~するかのように
19provided that +SVもし~ならば(=if)
20whenever +SV~する時はいつでも
21as long as +SV~する限りは

正解の選択肢として頻出するものもあれば、ダミーの選択肢として頻出するものもあります。

TOEICでは消去法が重要になることが多いので、答えを絞れるようになるべく多くを覚えておくのが良いです。

一覧を丸暗記するのは大変なので、問題を解きながら覚えていきましょう。

4.前置詞・接続詞2つの意味を持つ単語

数は少ないですが、TOEICには前置詞・接続詞2つの意味を持つ単語が出てきます。

2つの意味があるということが前提になるので、しっかり覚えたいところです。

【前置詞・接続詞2つの意味を持つ頻出単語】

1before(前)~の前に(接)~する前に
2after(前)~の後に(接)~した後に
3until(前)~までずっと(接)~するまでずっと
4since(前)~以来(接)~して以来 / ~なので
5as(前)~として(接)~なので

TOEICで重要になるのは、これくらいです。

頑張って覚えてしまうのがいいですね。

それから意味は同じでも単語・品詞が異なるものもありますので、それもまとめて覚えてしまうのがいいです。

【同じ意味の前置詞・接続詞】

意味前置詞接続詞
~なので / ~が理由でbecause of ~because +SV
due to ~since +SV
owing to ~as +SV
~の間 / ~する間during ~while +SV
~にもかかわらずdespite ~though +SV
in spite of ~although +SV
even though +SV

during と whileは、今の公開テストでも頻繁に見ます。

同じ問題の選択肢中に2つとも入っているケースが多いので、絶対に違いを理解しておきましょう。

5.TOEIC Part5形式 練習問題

前置詞・接続詞はとにかく種類が多いので、問題を繰り返し解きながら覚えていくのがいいと思います。

最後に練習問題を作りましたので、定着度をチェックしてみてください。

問題(全10問)

1. —— Quick Cleaning has decided to open its second store, the owner will start hiring staff for the new location.
(A) Because of
(B) Despite
(C) Although
(D) Now that

2. Mr. Shin is confident that his bistro will become popular —— the first year in business was not really good.
(A) despite
(B) during
(C) though
(D) without

3. —— the company rules, staff are allowed to work from home only when unavoidable situations arise.
(A) As soon as
(B) In case
(C) According to
(D) Even though

4. Camwood Home Supplies will accept applications for sales representatives —— April 30.
(A) through
(B) among
(C) once
(D) while

5. —— the traffic congestion, Ms. Leblanc arrived at the conference center on time.
(A) Despite
(B) Even though
(C) In case
(D) Before

6. —— the press conference, the CEO promised to improve customer satisfaction by taking appropriate measures.
(A) While
(B) Whereas
(C) During
(D) Unless

7. Cartel Hotel is an ideal venue for business conferences —— it is accessible by public transportation.
(A) owing to
(B) as
(C) though
(D) because of

8. Although Mr. Garcia registered for a media skills workshop on July 23, it was rescheduled —— a scheduling conflict.
(A) because
(B) due to
(C) instead of
(D) while

9. Please place your orders well in advance —— you can avoid an additional fee for a rush-order.
(A) as if
(B) throughout
(C) among
(D) so that

10. Yokohama Pharmaceutical has been increasing its profits —— it hired a decent advertising company.
(A) when
(B) because of
(C) since
(D) regarding

解答と解説

1. —— Quick Cleaning has decided to open its second store, the owner will start hiring staff for the new location.
(A) Because of
(B) Despite
(C) Although
(D) Now that

解答:(D)
空所後にはSVがあるので、前置詞である(A)と(B)は除外できます。
あとは意味で考え、(D)が文脈に合うので、これが正解です。

(訳)今やQuick Cleaningは2店舗目をオープンすることに決めたので、オーナーは新しい店舗のスタッフを採用し始めるつもりです。

location:店舗・場所

2. Mr. Shin is confident that his bistro will become popular —— the first year in business was not really good.
(A) despite
(B) during
(C) though
(D) without

解答:(C)
空所後にSVがあるので、接続詞である(C)が正解となります。
それ以外はすべて前置詞なので、ここでは入りません。

(訳)起業して1年目はそれほど良くなかったにもかかわらず、Shin氏は彼のビストロが人気になるだろうという確信を持っています。

confident:確信している

3. —— the company rules, staff are allowed to work from home only when unavoidable situations arise.
(A) As soon as
(B) In case
(C) According to
(D) Even though

解答:(C)
空所後には名詞のカタマリが続いているので、前置詞である(C)が正解です。
それ以外は接続詞なので、ここには入りません。

(訳)社内規則によると、避けられない状況が発生したときだけ、社員は在宅ワークをすることができます。

be allowed to~:~することが許される / unavoidable:避けられない / arise:起こる

4. Camwood Home Supplies will accept applications for sales representatives —— April 30.
(A) through
(B) among
(C) once
(D) while

解答:(A)
空所後には名詞があるので、前置詞が必要です。
(C)と(D)は接続詞なので、除外できます。
残った(A)と(B)ですが、意味的に(A)through「~までずっと」が文脈に合うので、これが正解です。

(訳)Camwood Home Suppliesは、4月30日まで営業担当職への応募を受け付けます。

application:応募 / sales representative:営業担当者

5. —— the traffic congestion, Ms. Leblanc arrived at the conference center on time.
(A) Despite
(B) Even though
(C) In case
(D) Before

解答:(A)
空所後には名詞のカタマリがあるので、前置詞が必要です。
(B)と(C)は接続詞なので、除外できます。
残った(A)と(D)が前置詞ですが、意味的に(A)despite「~にもかかわらず」が文脈に合うので、これが正解です。

(訳)交通渋滞にもかからわず、Leblanc氏は時間通りにカンファレンスセンターに到着しました。

congestion:混雑 / on time:時間通りに

6. —— the press conference, the CEO promised to improve customer satisfaction by taking appropriate measures.
(A) While
(B) Whereas
(C) During
(D) Unless

解答:(C)
空所後には名詞のカタマリがあるので、前置詞である(C)が正解です。
それ以外は接続詞なので、ここには入りません。
意味で考えて答えを探すと、(A)whileと迷ってしまうかもしれませんが、品詞で区別できれば迷わずに正解が選べます。

(訳)記者会見の間に、CEOは適切な対策を取ることによって顧客満足度を改善すると約束しました。

press conference:記者会見 / satisfaction:満足 / appropriate:適切な / measure:対策

7. Cartel Hotel is an ideal venue for business conferences —— it is accessible by public transportation.
(A) owing to
(B) as
(C) though
(D) because of

解答:(B)
空所後にはSVがあるので、接続詞が必要です。
前置詞である(A)と(D)は除外できます。
残った(B)と(C)ですが、意味的に(B)as「~なので」が文脈に合うので、これが正解です。
意味から答えようとすると(A)や(D)も候補になってしまいますが、品詞で判定できれば迷わず(B)が選べます。

(訳)公共交通機関でアクセスしやすいので、Cartel Hotelはビジネス会議にとって理想的な会場です。

ideal:理想的な / venue:会場 / accessible:アクセスしやすい

8. Although Mr. Garcia registered for a media skills workshop on July 23, it was rescheduled —— a scheduling conflict.
(A) because
(B) due to
(C) instead of
(D) while

解答:(B)
空所後には名詞のカタマリがあるので、前置詞が必要です。
(A)と(D)は接続詞なので、除外できます。
残った(B)と(C)ですが、(B)due to「~が理由で」が文脈に合うので、これが正解です。

(訳)Garcia氏は7月23日のメディアスキル研修会に登録しましたが、スケジュールがぶつかってしまったせいで、それはリスケされました。

register for:~に登録する / scheduling conflict:スケジュールが合わないこと

9. Please place your orders well in advance —— you can avoid an additional fee for a rush-order.
(A) as if
(B) throughout
(C) among
(D) so that

解答:(D)
空所後にはSVがあるので、接続詞が必要です。
(B)と(C)は前置詞なので、除外できます。
残った(A)と(D)ですが、(D)so that「~できるように」が文脈に合うので、これが正解です。
so that S can V の形でよく使われます。

(訳)急ぎの注文にかかる追加料金を避けられるように、余裕をもって注文するようにしてください。

place an order:注文する / well in advance:余裕をもって / avoid:~を避ける / rush-order:急ぎの注文

10. Yokohama Pharmaceutical has been increasing its profits —— it hired a decent advertising company.
(A) when
(B) because of
(C) since
(D) regarding

解答:(C)
空所後にSVがあるので、接続詞が必要です。
(B)と(D)は前置詞なので、ここには入りません。
残った(A)と(C)ですが、文脈に合うのは(C)since「~して以来」なので、これが正解です。

(訳)きちんとした広告会社を雇って以来、Yokohama Pharmaceuticalは利益を伸ばし続けています。

profit:利益 / decent:きちんとした

6.おわりに

練習問題はどうでしたか。

TOEICに出てくる前置詞・接続詞はけっこうな数がありますので、問題を解きながら覚えていくほうが頭に残っていくと思います。

とはいえ無限に出るわけではなく、ある程度パターンが決まっているので、定番さえ押さえてしまえば、前置詞・接続詞問題は「ボーナス問題」として簡単に正解できるようになります。

最初は覚えることが多かったり、時間がかかったりと大変かもしれませんが、それを乗り越えると一気にラクになりますので、頑張って1つ1つ覚えていきましょう。

自分で使えるようになることをゴールにすると、さらに定着しやすいかもしれません。

ぜひトライしてみてください。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

みなさんがTOEICで目標スコアを達成されることを願っております。