TOEIC600点への英文法

ご覧いただき、ありがとうございます。

TOEIC対策のリノキア英語スクールです。

今回は、Part5,6でとっても重要な「副詞・接続副詞」についてです。

TOEICだと、副詞・接続副詞が選択肢に登場する問題では、前置詞・接続詞もいっしょに選択肢に出てくることがほとんどです。

前置詞・接続詞の知識も兼ね備えておくと、正答率がさらに安定してきますので、覚えることは多いですが、ここを乗り切っていきたいところです。

ただ丸暗記することも人によっては有効ですが、やっぱり英語は使うものですので、自分で使えるようになることを目標としながら身につけていくのが良いのではないでしょうか。

この記事では、TOEIC頻出の接続副詞をまとめてチェックし、それから練習問題を解いて定着度が測れるようにしています。

もちろん最初に練習問題を解いてしまっても大丈夫ですので、そこは使いやすいようにご活用ください。

それでは始めていきます。

副詞・接続副詞について

まずは副詞・接続副詞という用語についての説明です。

副詞 - 名詞以外を修飾するもの(文も修飾できる)

接続副詞 - 文と文を意味的・文脈的につなぐ副詞(接続詞とは違います)

この記事で扱う「副詞」と「接続副詞」は、どちらも文を修飾するという共通点があります。

TOEICでは、「品詞問題」と「前置詞・接続詞・副詞問題」で、副詞の問われ方が異なります。

品詞問題における「副詞」は、名詞以外(動詞、形容詞、副詞など)を修飾するものであるという働きを理解しているかどうかが試されます。

品詞問題の例

The analyst says that most companies can —— improve profitability by offering online services.
(A) signify
(B) significant
(C) significantly
(D) significance

こうした品詞問題では、「副詞は名詞以外を修飾する」ということを理解しているかが試されます。

一方、前置詞・接続詞・副詞問題における副詞は、「文を修飾できる」+「文と文をつなぐことはできない」ということを理解しているかどうかが試されます。

前置詞・接続詞・副詞問題の例

—— Quick Cleaning has decided to open its second store, the management will soon start hiring staff for the new location.
(A) Now that
(B) Therefore
(C) However
(D) Because of

このような問題は、前置詞・接続詞・副詞それぞれの役割を理解していないと解けません。

空所後にSVがあり、さらにカンマを挟んでSVがあるため、空所には接続詞である(A)が入ります。

(B)と(C)は「接続副詞」と呼ばれる副詞であるため、接続詞のように文と文をつなぐことができません。

(D)は前置詞なので、うしろにSVは続きません。

例題の選択肢に出てきた接続副詞は、「前後の文を意味的・文脈的につなぐ副詞」という働きを持っていますが、最も大事なのは「接続詞ではない」という点です。

TOEIC頻出の接続副詞として「however」があります。

「しかしながら」という意味です。

「しかし」という言葉からすると、「but」が真っ先に浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、こちらは「接続詞」なので、howeverとは使い方が違います。

例文でチェックしてみましょう。

接続副詞と接続詞

接続副詞
Jim likes me. However, I don’t like him.
接続詞
Jim likes me but I don’t like him.

接続副詞のhoweverは副詞であるがために文と文をつなぐことができず、ピリオドでいったん文が終了してから、Howeverのついた新しい文がスタートしています。

一方、接続詞のbutは接続詞なので、ピリオドで文を終了させることなく2つの文を接続することができます。

これが接続副詞と接続詞の違いになります。

テキストや文法書では「接続副詞」という言葉で呼ばれていますが、結局は「副詞」ですので、わざわざ「接続副詞」とカテゴリー化して覚えなくても大丈夫です。

誤用例も見て、間違って使わないようにしておきましょう。

 

〇 Jim likes me. However, I don’t like him.

× Jim likes me, however, I don’t like him.

 

悪い例では、文と文がカンマによってつながってしまっているため、接続機能のないhoweverを使うことができません。接続副詞の典型的な誤用例です。

また、接続副詞はTOEICだと文頭・文中で使われることが多いです。
(たまに文末に置かれることがあります)

接続詞も文頭か文中に置かれるため、そこは接続副詞と同じです。
接続詞なのか接続副詞なのかを品詞でしっかり区別しておくことで自信を持って解答できるようになります。

TOEICに出る副詞・接続副詞

それではTOEIC頻出の接続副詞をまとめてチェックしましょう。

1howeverしかしながら
2neverthelessそれにもかかわらず
3thereforeしたがって
4moreoverそのうえ
5furthermoreさらに
6meanwhileその間
7in the meantimeその間
8accordinglyそれに応じて
9consequently結果的に
10similarly同様に
11overall全体的に見て
12instead代わりに
13stillそれでもなお、しかしながら
14yetしかしながら
15thenそれから、その次に
16in addition加えて、さらに
17additionally加えて、さらに
18also加えて
19for instance例えば
20for example例えば
21after all結局
22alternativelyその代わりとして
23above all何より
24in any caseともかく
25on the contraryそれどころか
26namelyすなわち
27on the other handその一方で
28as a resultその結果として
29likewise同様に
30apparently見たところ

まとめて丸暗記するのは大変なので、問題を解く中で覚えていきましょう。

accordingly, consequentlyのように-ly で終わってるものは、形を見ただけで副詞と分かります。

また、in addition, for instanceのように前置詞+名詞で1つの副詞になるものもありますので、意味を覚えていなくてもフレーズの構成で判断できます。

このリストに載っている副詞・接続副詞は、文をまるごと修飾するときに使われます。

TOEIC Part5形式 練習問題

最後に練習問題を解いて、副詞・接続副詞についての理解度をチェックしましょう。

前置詞・接続詞の知識も絡んできますので、そちらも併せて確認してみてください。

問題(全5問)

1. —— he is usually quiet in the office, Mr. Yoshida is known as an experienced negotiator.
(A) However
(B) Despite
(C) Although
(D) Nevertheless

2. Mr. Sato was quite busy yesterday and —— he couldn’t attend the client meeting.
(A) because
(B) therefore
(C) without
(D) whereas

3. Because blue T-shirts were out of stock, Ms. Sims bought a red one ——.
(A) instead
(B) but
(C) although
(D) despite

4. —— Mr. Kumar was away on business trip, his assistant was responsible for staff training.
(A) While
(B) Instead of
(C) During
(D) Meanwhile

5. Flight TC 730 to Tokyo has been canceled —— a mechanical problem.
(A) since
(B) therefore
(C) as a result
(D) due to

解答と解説

1. —— he is usually quiet in the office, Mr. Yoshida is known as an experienced negotiator.
(A) However
(B) Despite
(C) Although
(D) Nevertheless

解答:(C)
空所後にはSVがありますが、カンマのあとにもSVがあるため、空所には接続詞が必要だと判断できます。
選択肢のうち接続詞は(C)だけなので、これが正解です。
(A)と(D)は副詞なので、文と文をつなぐことができません。
(B)は前置詞なので、後ろにSVが続きません。

(訳)オフィスでは普段静かですが、Yoshida氏は経験豊富な交渉人として知られています。

experienced:経験豊富な / negotiator:交渉人

2. Mr. Sato was quite busy yesterday and —— he couldn’t attend the client meeting.
(A) because
(B) therefore
(C) without
(D) whereas

解答:(B)
空所前に接続詞andがあるので、同じ接続詞である(A)や(D)は除外できます。また、空所後にはSVが続いているので、前置詞である(C)も入りません。
したがって、残った副詞の(B)therefore「したがって」が正解となります。
thereforeは接続副詞ですが、この文のように接続詞とセットになることもあります。あくまで文と文をつないでいるのは接続詞であって、接続副詞は後ろの文を修飾しているだけです。

(訳)Sato氏は昨日とても忙しく、そのためクライアントとのミーティングに参加できませんでした。

quite:とても / attend:~に参加する

3. Because blue T-shirts were out of stock, Ms. Sims bought a red one ——.
(A) instead
(B) but
(C) although
(D) despite

解答:(A)
文頭に接続詞becauseがあるので、接続詞である(B)や(C)は除外できます。
また、(D)は前置詞なので、ここでは入りません。
残った副詞(A)instead「代わりに」が意味的にも文法的にも正しいので、これが正解です。

(訳)青いTシャツが在庫切れだったので、Sims氏は代わりに赤いTシャツを買いました。

out of stock:在庫切れである

4. —— Mr. Kumar was away on business trip, his assistant was responsible for staff training.
(A) While
(B) Instead of
(C) During
(D) Meanwhile

解答:(A)
空所後にはSVがあり、さらにカンマ後にもSVがあるため、接続詞が必要だと分かります。選択肢のうち、接続詞は(A)だけなので、これが正解です。
(B)と(C)は前置詞、(D)は副詞なので、ここでは入りません。

(訳)Kumar氏が出張でいない間、彼のアシスタントがスタッフ研修を担当しました。

business trip:出張 / be responsible for:~の担当である

5. Flight TC 730 to Tokyo has been canceled —— a mechanical problem.
(A) since
(B) therefore
(C) as a result
(D) due to

解答:(D)
空所後に名詞のカタマリがあるため、これと結びつく前置詞の(D)due to「~が原因で」が正解です。
(A)は接続詞なので入りません。前置詞としての訳もありますが、文の意味的に合わないので入りません。
(B)と(C)は副詞なので、そもそも名詞を修飾できません。

(訳)東京行きのTC 730便は、機械の問題によって欠航となりました。

mechanical:機械の

おわりに

練習問題はいかがでしたか。

副詞や接続副詞は、前後の文脈がとても大事になるため、単文問題であるPart5ではあまり出題されません。出てきたとしてもダミーの選択肢として使われている場合が多いです。

Part6では文脈重視の問題が増えるため、こちらのほうが出題頻度は高いです。

いずれにおいても副詞の役割をしっかり意識できていれば、訳語に頼らずとも文法的にアプローチして正解につなげていけますので、品詞で区別できることが大事です。

前置詞・接続詞も含めて、覚えることは多いセクションとなりますが、問題を解きながら、自分で使えるようになることを目指して身につけていきましょう。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。

みなさんがTOEICで目標スコアを達成されることを願っております。